まちなかで行う小さな農

西宮市内で活動されている「食を大切にするチーム」(コープくらぶ)さんを訪ねて来ました。
コープこうべ西宮南店の敷地内に作られた、こえるファームという街中の農園です。

あまがえるは今、造園という仕事は「人が暮らして行く場所の風景」を考え、提案し作って行く仕事だと捉えています。
風景は暮らしのありかたによって決まって行くと言えると思います。
人の暮らしを支えているのは「食」であり、「農」のはず。その食や農を都市部においても、身近に考える場所としてこのような小さな農園を作って行くことが有効だと思っています。
今の時代、農は土が少ない街中では、日々の暮らしには縁遠いものに感じられると思いますが、食の安心安全を考える上でも大切にしなければと考えています。

食を大切にするチームは今問題視されている食材のロスについて考えるためのイベントなども企画開催されています。造園業者が場所を作るお手伝いをして、こう行った活動を支えて行くことが、もっともっと増えて行くことを願っています。