魔女のお庭

1ヶ月ほど前にフェイスブックでご紹介させていただいた 三田市のとある場所のお庭。
(このお庭のオーナーは、私たちの親世代の奥様で、ご自身のことを「魔女」とお呼びになられています。)
魔女と言うだけあって、お庭で作業をしている様子は、年齢を感じさせない若々しさ!  これまでは、大好きなオールドローズが美しく咲くために、せっせと肥料をやり、木酢を撒き、支柱で枝を固定したり、 色々な世話をしながら 育てられてきました。ある時、これまで程の世話ができなかった時に、 元気に咲いているバラの姿を見て、バラが持っている力強さを感じられたそうです。「何もしない方が元気。と言うことが やっとわかった!」と笑顔でおっしゃっていました。そして「終のお庭」と呼ばれるこのお庭のお手入れを、任せていただけることとなりました。

5/16 雨上がりの朝に 久しぶりに魔女のお庭へ行ってきました。

庭先で作業をしていた様子でしたが、「もう〜あなた! いい時に来てくれたわ〜! 見てちょうだい」と言う元気な声で出迎えてくださいました。

 

 

 

 

 

お庭に入ると 雨上がりで 緑色のグラデーションが 生き生きしていました。

オールドローズと草花、勝手に生えてきた草たちが生き生きしているお庭です。

ネームプレートの素材選びもオリジナル

ネームプレート作りが ゴッツ楽しい様子でした。ネームプレートを取り付ける作業をしていると、忘れそうになっていた名前が出てくるそうです。

草の勢いが気になられてきている様子だったので、 近いうちに、草が可愛く感じられる様なお手入れをしにお伺いしようと思います。

アカネらしきものが生えていました。まじょのお庭番としては、新しい仲間の発見も楽しみの一つです。