三田市大原のponocafeさん工事

ponocafeさんは三田市大原にあるビーガンカフェです。
玄関前の空間をリフォームさせてもらいました。
元の様子はこちらです。
お店ということをアピールするためにノボリや表示物を複数お店前に設置されていました。
地面は土間コンクリートだけで、緑の空間もない感じ。
せっかく、安心安全な自然の恵を材料としたおいしいランチやスイーツを提供されるのに、
自然志向の強い方々に好まれる様なスペースにはなっていない感じとお考えになり
自然で優しい、しかもお店として入りたくなる感じになる様にご希望されました。
そして、工事をさせてもらった結果が次の写真です。


足元の地面は、御影石(NPO法人石の銀行さん提供) のごろ石を敷き、ガラスの壁にはフレームに兵庫県産の
杉板を打ち付けました。これで、かなり自然味が溢れる空間になりましたが
やはり、さらに植物を植えることでそのテイストが増します。
石敷きの間には芝を敷き、木々は中高木に低木。
その足元には草花を。最後に、落ち葉や腐葉土をマルチングとして仕上げました。


上の写真では、まだ芝生が緑になっていないので、分かりにくいですが、足元が緑になれば
もっと優しい空間になってくれると思います。
ponocafeさんは野菜や穀物を使って、とってもおいしい米粉のハンバーガーや
コーヒー豆を練り込んだクッキーなども工事中にいただきました。
まだまだおいしいものをアイデア満載で作っておられます。
ぜひ、お店に食べに行ってくださいませ。ついでに、あまがえるが作った外部の空間
特に緑を鑑賞していただけると嬉しいです。